結婚式の行う時期について

挙式と披露宴を行う一般的な結婚式は、高額な費用を要し、その平均額は300万前後と言われています。ある程度は、祝儀などでまかなうことができますが、やはりまとまった金額が必要となり、新郎新婦の負担は非常に多くなるでしょう。
しかし、結婚式にはシーズンがあり、そのシーズンを少し外すことで大幅な値下げが可能となるプランも数多くあります。

実際の結婚式のシーズンは4月、5月、6月前半、そして9月後半、10月、11月までとなり、それ以外のシーズンはオフシーズンとなります。オフシーズンは梅雨時や真夏、真冬と気候条件が悪い時期となるため、懸念されがちで、そのシーズンの空きを埋めるために、料金の値下げをせざる得ないブライダル業界の事情がるため、特別クオリティが下がるといったことはほとんどないと言えます。

大阪の海外挙式後パーティ情報を厳選して紹介します。

実際、こういったオフシーズンは参列者にとって条件が悪いかと言えば一概にはいえません。



それは、夏休みや冬休みなどまとまった休暇がとりやすい時期であれば参列しやすいことや、他の結婚式と予定が重なりにくいといったメリットもあること、そしてシーズン中であっても天気が悪くなることはやはりあるため、高い料金で無理してシーズン中に行っても天候に恵まれないというケースは少なくないためです。


そのため、真夏の炎天下や真冬の冬空の中で屋外で行わなければ特に大きな問題はないといえますので、オフシーズンでの結婚式は非常に有効な手段と言えるでしょう。